2014年9月18日 福島からの報告と勉強会

~原発被災地の福島からの報告と勉強会~

今年も大阪・東京の弁護士15人と福島県南相馬市へボランティアで無料法律相談に出かけますが、その勉強会が大阪北区のよつば法律事務所で当会理事・原発専門家の向茂樹さんが福島からの報告を行いました。無料相談は10月16日~19日。大川哲次副理事長を団長に松井守理事長も同行します。



2014年8月26日ウナギ料理の数々とスリランカの夕べ

8月26日味を極めるシリーズ「ウナギ料理と本場のスリランカカレーを味わう会」が大阪・堺の雑魚寝館(ざこねかん)で行われ、ウナギとカレー談義に時間を忘れ現地23時の散会となりました。





2014年8月25日 クールジャパン政策

日本の魅力の効果的発信に支援金を出します!

NPOアクト情報交流とJEDIS日本イベント業務管理士協会関西地域との共催で「クールジャパン政策」について近畿経産局クリエイティブ産業ユニットサービス産業室・コンテンツ産業支援室 藤田 力係長 に講演して頂きました。





2014年7月1日 日本酒の専門家が勧めるワインの楽しみ方

限定40人は発表からすぐに満席になり、満員お礼。有り難うございました。

味を極めるシリーズ2「ワインと食事会」が大阪・北新地のビートルズの館 Oxygenで、楽しく行われました。ミニ講演と解説は東京大学卒・東京大学院で醸造学を学び、お酒なんでも研究所を主宰する大野光宏さん。まず、シャンパン(スパーリングワイン)は日本酒と同様にうま味成分が存在し、日本人には、味の類似性という点からも入りやすいワインである。シャンパンは天ぷらと相性がよい。 料理が変わると赤ワイン、白ワインが出て、解説に従い飲んでいきます。

ワインの味は銘柄でも当て外れが多いので、ワイン選びに自信の無い人は高価なワインは避けた方が無難とアドバイスしてくれました。



2014年4月1日 洋食に合う日本酒の楽しみ方」目からうろこ!

4月イベント「洋食に合う日本酒の楽しみ方」を大阪弁護士会館洋食レストランENで行い、料理に合うお酒が配られ、飲み比べをしました。

講師は東京大学から大学院に進み、(有)お酒なんでも研究所の所長・大野光宏。大野さんは五味の感じ方は個人差が非常に大きい。同じお酒でも口に含む量で味わいは異なる。飲むときの舌のポジションで味の印象は異なる。飲むときの姿勢で味の印象は変わる。口中のお酒の動かし方で味のダイナミズムが異なる。これは甘いと思うと一気に飲むと甘さは感じないなど目からうろこの話しをしてくれました。最近、フランスやイタリアでは日本酒ブームです。日本酒をワイングラスで飲むと香りが楽しめ、舌の位置や舌の下をくぐらせることによって、味が変わることを教えてくれました。