2013年9月 講演報告

恐ろしい問題が!!「放射能・放射線危険性と福島の現状」報告。

講師の向茂樹当会理事は「セシウムに関してはチェルノブイリ事故対応を参考にしておりほぼ問題は無い。

しかし、もっと恐ろしいストロンチウム90やコバルト60、ウラン系列元素についての汚染分布や農産物の濃度データー、魚介類データーが全く公表されていないなどの重要な問題を提起をしました。

また、向茂樹さん、大川哲次さん、筆者松井の3人が5月の福島の被災地の情況をスライドとビデオで紹介しました。





2013年4月 講演報告

講演「アトムと火の鳥~手塚漫画から読み取る核と宇宙
お陰さまで昨夜、満席となり、好評でした。有り難うございました。
講師の向茂樹さんは手塚作品のデビュー本からすべて所有しており、ナミの評論家ではありません。ストーリーを全て覚え、手塚先生の作品の芸術性、科学的裏付けを述べた後、戦争体験に基づく「徹底したヒューマニズム」と「自由を抑制する権力への反骨」「科学技術の進歩による未来のへの夢」とその反面「科学技術の持つ闇にどう取り組むべきか」という問題提起。
科学技術の誤った発展や地球外生命などによる人類滅亡への警鐘。
経済・お金に対する人間の幸福感・価値観。
自然・環境保護の重要性についての内容をスライド構成でわかりやすく説明しました。手塚作品の私的考察として、手塚作品の宇宙観は仏教・東洋思想と、アインシュタインをルーツとする宇宙論と不思議な一致があると結びました。
最後に、福島の原発の放射能汚染について問題提起しました。写真は立ち入り禁止地区、福島県相馬の太田神社から。警官チェックポイント。